• ログインログイン
  • 新規登録新規登録

MENU

ITの現場を見続けてわかった、実際に伸びる新人とそうでない人の違いとは?

就活生にとってITの現場は分からないことだらけではないでしょうか?それは新入社員でも同様です。専門用語が多く飛びかいますし、忙しいと先輩も親切に教えてくれない、というケースもあります。分からないことが多すぎて精神的に疲れてしまう人も少なくありません。

筆者はITの現場で数々の人たちを見てきました。そして分かったことがあります。技術者は伸びる人と、伸びない人の2つのタイプに分かれる、ということです。

それでは、両者の違いは一体何なのでしょうか?今回は開発経験3年、IT業界の営業を5年経験し、新人教育も行ってきた筆者が感じた「現場で伸びる人とそうでない人」の違いについて説明していきます。

現場で伸びる人の特徴を知ることは、就職活動において何をアピールすべきなのか、どういったことを意識しながら行動すればいいのかの参考になるはずです。ぜひ最後までお読みください。

1. 伸びる人は、コミュニケーション能力が高い

IT業界に限らずですが、コミュニケーション能力に長けていることは、社会人として大切です。わからないことを確認できる、自分が何で失敗したのか?を説明できることはとても重要な能力です。

筆者は現場で数多くの人を見てきましたが、伸びない人で多いのが「分からないのに一人で考え込んでしまう」というタイプの人。たしかに忙しい現場で先輩やリーダーをつかまえて質問するのは大変勇気のいることです。「そんなことも分からないのかよ」と怒られるかもしれません。それでも思い切って聞くことが大切です。

「それは分かっているけど、やっぱり聞くのはハードルが高い…」という人もいるでしょう。そういう人は、分からないことをまとめてメールやチャットソフトで送る、という方法で質問してみてはいかがでしょうか?

実際、筆者の後輩で人と話すのが嫌いで分からないことを聞くのが苦手、という人がいました。そこで、分からないことを都度聞くのではなく、箇条書きにしてチャットワークで送るように指示しました。そうすることで、彼は分からないことを解消することができたのです。

対面で話すと伝えたいことがうまく伝えられない、という人は多いです。しかし、文章であれば書いた後に「見直す」こともできるので直接聞くよりもハードルは下がります。言い間違えるということもありません。

現場によってはチャットソフトやLINEが利用できない環境もありますが、対面以外で質問する方法を提案してみるのは有効な手段です。

もちろん、直接聞けるのであれば、その方がよいです。自分の考えていることを言葉で伝える技術は重要です。SEはお客様の前でシステムの説明やプレゼンを行う機会もあります。お客様からの質問を把握して、答えるスキルは重宝します。

最初から上手く話せる必要はありません。話すことが苦手でも少しずつ、人と話すことに慣れていってください。苦手意識がなくなれば話すことは怖くなくなります。円滑に仕事をしていくためにはコミュニケーション能力は大事な要素です。そして、円滑にコミュニケーションを取れる人は成長も早いです。

2. 伸びる人は、新しい情報を常に仕入れる習慣がある

IT業界は常に進化しています。1つの分野でエキスパートになっても、すぐに新しい技術が生まれるのがIT業界の常です。そのため、いつも新しい情報を仕入れて勉強し自己鍛錬を怠らないこと。特に最初は何がなんだかわからないことが多いと思いますが、知るように努力すること。少なくとも言葉だけは知っておくこと。これができる人は必ず伸びます。

筆者は新人の頃、ITのシステム開発をしていましたが、何がなんだか分からないことだらけでした。自宅でもパソコンといえばネットサーフィンをするくらいでしたので専門用語だらけの現場でたいへん苦痛でした。

学校でITの勉強はしていましたが、現場では習ったこと以外の言葉も多く使います。開発するにも開発ソフトの使い方が分からなければ話になりませんでした。

「どうしたら早く仕事に慣れることができるだろうか?」と考え、筆者は毎日仕事の帰りに本屋へ寄るようにしていました。本屋のITコーナーへ行き、とにかく分からなくてもIT関連の本を手にとって中身を見てみる。それを毎日30分以上続けていました。もちろん、ほとんどの内容はわかりません。

しかし、徐々に言葉を覚えていき、現場で先輩が言っていることが理解できるようになりました。今はさすがに毎日本屋へ行く事もなくなりましたが、1週間に一度は本屋のITコーナーへ行くようにしています。

そうすると新しい技術についての情報が得られるからです。分からなくても新しい情報に触れるようにしておくと、いつか点と点がつながるように理解できるようになります。とにかく分からなくても新しい情報を仕入れる習慣を持ちましょう。その習慣があるとないとでは、1年後に大きな差がついてしまいます。

3. 伸びる人は、分からない時は勝手に進めない

仕事を進める上でわからないことがあったら、必ず確認することが大事です。「多分こうだろう」という自分の推測で物事を進めるほど危険なことはありません。

実際、現場で上司が常にいるわけではなく、すぐに聞けない場合もあるでしょう。もし、自分の判断で進めなければならないとしたらバックアップを取っておくとか、何かあればすぐに元の状態に戻れるようにしておきましょう。

実際、筆者の後輩が共有で利用しているサーバー上のファイルを勝手に削除してしまう、ということがありました。幸い、バックアップを取っていたので大事には至りませんでしたが、開発チーム全体に迷惑をかけてしまいました。

もちろん、仕事をする上で失敗はつきものです。ですが、失敗はない方がいいし周囲に迷惑をかけることは少ない方がいいのは言うまでもありません。モノゴトを予測してリスクヘッジをできることも大事な能力です。「これは勝手にやったら危ないなあ…」というアンテナを持っている人は後々伸びていきます。

4.伸びる人は、諦めずに続けることができる

「諦めない」こと。全てはこれがなければダメ!というくらいに必要なことです。これはITに限ったことではありません。

筆者が現場で見てきた新人の技術者が口を揃えてこう言います。「学生時代の勉強と実際のITの現場がまるで違う」と。いままで勉強してきたことで全く歯が立たないと多くの人が自信を無くしてしまいます。実際にITが向いてないと言って辞めていく人達も筆者は多く見てきました。

それでも諦めずに続けること。正しい方向に努力していれば多少遠回りになっても、必ず成果は出ます。正しい方向への努力とは、今回説明したことです。あなたが好きでITの世界に飛び込んだのなら、多少辛くてもあきらめずに続けてみてください。

まとめ

現場で伸びる人とそうでない人の違いについて説明してきました。今回説明したことは当たり前のことかもしれません。しかし、それを続けられる人は意外と多くありません。今回説明したことを続けられる人は必ず伸びます。それは筆者が現場で多くの技術者を見てきた経験から断言できます。当たり前のことを確実にやる。それがあなたを成長させてくれるのです。

IT業界を目指すならエージェントを活用しよう

エンジニア就活には、IT業界・SEに強いエージェントがいます。彼らに話を聞いてもらうことで、自分が何をやりたいのか、自分が大切にしているのが何なのか、就活するうえでの軸が見えてきます。さらに、各人に合った未公開の求人情報も紹介してもらえるので、まずは気軽に相談してみましょう。会員登録や相談・セミナーなど、すべて無料で活用できます。

お名前 (必須)

カタカナ (必須)

大学名(必須)

学部・学科名(必須)

卒年(必須)

電話番号(必須) ※連絡が取れる電話番号をご入力ください。

メールアドレス(必須)  ※連絡が取れるアドレスをご入力下さい。

2週間以内の平日都合の良い日時を選択してください。就活相談約1時間です。

予約第一希望日(必須)

第一希望日時刻(必須)

予約第二希望日(必須)

第二希望日時刻(必須)

予約第三希望日(必須)

第三希望日時刻(必須)

利用規約および個人情報の取扱いに関する通知文に同意する

※就活相談の実施場所は、下記住所になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シンクトワイス株式会社 エンジニア就活事務局
東京都港区赤坂4-8-14赤坂坂東ビル5階
TEL:03-6825-5450より個別面談のご案内を差し上げる場合がありますのでご認識をお願いします。
mail:e-shukatsu@thinktwice.co.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オススメ記事一覧

もっと見る
完全無料!

1で登録完了!

エンジニアの仕事・年収や選考ノウハウ記事が読めるほか、
会員にはプログラミング講習やES・面接対策などリアルな無料サポートも充実。
ここだけの求人情報も多数。

今すぐ新規会員登録
Page Top