工場勤務からIT業界への転職は可能?成功までの4STEPを完全解説

工場勤務からIT業界への転職は可能?成功までの4STEPを完全解説

この記事にはプロモーションが含まれます。

工場勤務からIT業界への転職は可能なのでしょうか?工場からITの仕事となると現実味がないため、ハードルも高そうなイメージがありますよね?

答えを先に言ってしまうなら転職は可能です。ポイントさえ押さえておけば転職成功率は確実に上昇します。

本記事では工場からIT業界への転職を成功させる基本的な手順を紹介、やるべきことや注意点についてまとめた内容です。

工場勤務からIT業界に転職する方法を知りたい
工場勤務からIT業界に転職した場合、どんなメリットがあるの?

このような疑問を抱いている方は、ぜひ最後まで読んでみてください!

この記事のポイント
  • 工場からIT業界へ転職する場合の実現性
  • 転職成功までの4ステップ
  • 重要!転職エージェント登録後にやるべきこと
  • 【工場からIT業界へ】転職するメリットや注意点
  • 【公式サイト】
    https://willof.jp/techcareer/

目次

工場からIT業界への転職は実現可能!

工場からIT業界への転職は実現可能!

冒頭でも述べましたが、工場からIT業界への転職は実現可能です。

IT業界において未経験からの転職は十分可能であり、工場勤務だったことがマイナスに影響することはほとんどないと言えます。

転職の難易度は年齢によって差はあるものの、実現性ゼロというわけではありません。

工場勤務とIT業界はまったくの異業種・異職種のため自分の中でもハードルを上げてしまいそうですが、転職が成功する期待値はしっかりあると言えるでしょう。

工場からIT業界へ!転職成功までの4STEP

工場からIT業界へ!転職成功までの4STEP

転職成功の期待値はあると解説しましたが、それは正しい手順を踏んだうえでの話になります。

ここからは転職成功までの道のりについて紹介していきましょう。具体的な手順は以下の内容になります。

転職成功までの4STEP
  • どの分野で働くか決める
  • スクールでプログラミング言語を学ぶ
  • クラウドソーシングで実績を積む
  • 転職エージェントに登録する

STEP1.どの分野で働くか決める

まず必要なのは、どの分野で働くか決めることです。漠然とIT業界で働きたいと思っているだけでは、転職が成功する確率は限りなく低くなってしまいます

IT業界はさらに5種類の分野に分けることができ、働くメリットや職種も変わってくるのが特徴です。

5つの分野について簡単に紹介していきますので、どんな仕事に就いてみたいのかを考えてみましょう。

ソフトウェア

ソフトウェア業界とはパソコンやスマートフォンで動くソフトウェアを開発する領域です。パソコンのOSやさまざまなアプリケーションもソフトウェアの一部になります。

顧客から依頼を受けて開発する受諾開発と、多数のユーザーに向けて販売するパッケージ開発の2つが主な開発形式です。

システムエンジニアやプログラマー、ネットワークエンジニアなどのエンジニア職が活躍しています。

ハードウェア

ハードウェア業界はパソコンそのものや周辺機器など、ハードウェアと呼ばれる機器を開発します。

IT化が進んだ現状ではスマホ本体や家電などを開発する企業も、ハードウェア業界とみなされる傾向です。

ハードウェアエンジニアや組み込み系エンジニア、セールスエンジニアなどがハードウェア分野の代表的なエンジニア職になります。

情報処理サービス

社会が必要とする便利なシステムの開発・運用・保守を手掛けるのが情報処理サービス業界です。受諾開発を行うSIerやエンジニアを提供するSES企業などが含まれます。

開発を担当するシステムエンジニアやプログラマー、企業の課題をIT技術で解決するITコンサルタントなど、多種多様なエンジニアが活躍しています。

インターネット・Web

インターネット・Web業界はWebサイトの制作やインターネット広告、ECサイトのようなインターネットサービスを担う企業が属している分野になります。

フロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニアといったwebエンジニアが代表的な職種です。

そのほかにWebデザイナーやUI/UXデザイナーなどの、クリエイティブ系エンジニアも活躍している場となります。

通信インフラ

通信インフラ業界はその名のとおり、世の中に欠かせない通信回線の構築・管理およびトラブル対応などに関わる企業が所属する分野です。

インフラエンジニアと呼ばれるサーバーエンジニアやネットワークエンジニア以外に、データベースエンジニアやセキュリティエンジニアなどの需要が高い業界になります。

STEP2.スクールでプログラミング言語を学ぶ

働いてみたい分野が決まったら、そこで必要となるプログラミング言語を習得します。

カリキュラムの実践性やサポート力を考えるなら、スクールによる学習がもっともおすすめです。

オンライン授業なら近くに校舎がなくても利用できますし、講師への質問も可能なので理解力もより深まります。

工場からIT業界への転職活動を働きながら進める場合も、スクールの計画的授業が向いているでしょう。

どれを学ぶのか悩むようなら無料相談を利用

どのプログラミング言語を習得すればよいか悩んでいる場合は、スクールの無料相談を利用しましょう。

カウンセリングとも呼ばれるサービスで、スクールの紹介だけでなく何について学ぶべきかをアドバイスしてくれます。

IT業界へ転職したあとの働きたい形が鮮明なほど、より価値のある提言をしてくれるでしょう。

必要に応じて資格も取得

一部のプログラミングスクールでは、資格取得を目的とした補助コースが存在しているケースもあります。

時間とお金に余裕がある場合は、積極的にチャレンジしてみましょう。

資格取得は持っている知識の裏付けになるため、工場からIT業界へ転職する際に強力な後押しとなります。転職成功率をより上昇させたいならチェックしてみてください。

転職保証サービスがあると安心

工場からIT業界へ転職をすばやく成功させたいのなら、転職保証サービスの有無を確認してみましょう。

転職を確約するものではありませんが、転職できなかった場合にスクールの費用を一部、または全額返金してくれます。

スクール側は手厚いサポートをしてくれるため、転職成功への期待値も上昇するでしょう。

STEP3.クラウドソーシングで実績を積む

工場からIT業界へ転職する際に重要なのはスキルと実績です。

プログラミングスクールで基本のスキルを取得したら、クラウドソーシングである程度実績を作っていきましょう。

実務未経験よりも実績があったほうが、転職は確実に有利となります。

特にフリーランス活動も視野に入れている方は、クラウドソーシングで活動の疑似体験ができるためおすすめです。

STEP4.転職エージェントに登録する

最後のステップは転職エージェントへの登録です。転職エージェントのサポートを受けることで転職成功率は格段に上昇します。

利用者の希望を反映しつつ、非公開を含めた最適な求人を紹介してくれる点が魅力です。

そのほかにも応募書類の添削、応募企業に合わした面接対策などメリットはたくさんあります。

ここでおすすめしたいのは「ワークポート」。総合型のサービスでありながらIT業界に強みを持つ、未経験者サポートに特化した転職エージェントです。

転職エージェント登録後にやるべきこと

転職エージェント登録後にやるべきこと

転職成功までの4STEPを完了したら、期待する転職は目の前と言えます。そこで転職エージェント登録後にやるべきこととして、以下のを4つを紹介いたします。

転職エージェント登録後にやるべきこと
  • 入念な自己分析
  • ポートフォリオを準備
  • 徹底した企業研究
  • 志望動機を練る

ここから先の手順はブラック企業を避けること、転職成功率をさらに上げること、この2点に主眼を置いたものです。しっかりと理解して実践してみてください。

入念な自己分析

どんな転職においても自己分析は必ず行うべきです。そうすることで転職の方向性がぶれるのを防ぎます。

今回の場合だと最初に決めた働きたい分野、そこで働く自分の想像をさらにはっきりとさせていきましょう。

入念に自己分析をすれば、転職先に求める条件と自分の市場価値がわかってきます。

求める条件が少ないほど転職成功率は上がるので、まずは自己分析の精度にこだわりましょう。

ポートフォリオを準備

IT業界へ転職はポートフォリオの有無によっても成功率が変わってきます。ポートフォリオは自身のスキル・実績をわかりやすく伝えるものです。

極端な言い方になりますがポートフォリオがないことで、伝えられるスキル・実績はゼロと判断され面接まで進まないこともあります。

したがってポートフォリオはできるだけ用意すべきです。ポートフォリオの作成がスクールのサポートに入っているケースもあるので、事前にチェックしてみましょう。

徹底した企業研究

自己分析と並んで転職成功のポイントとされるのが、徹底した企業研究です。

企業が求めている人材と自身が合致しなければ転職は成功しません。単に応募先を選ぶ基準としてではなく、転職成功率を上げるために行います。

スキルや実績は当たり前として、どんな人格・人間性を求めているのかを調査してください。

志望動機を練る

最後は志望動機についてです。特に未経験の場合は志望動機の内容によって、転職の成否が分かれます。

採用側の注目ポイントは「なぜこの業界なのか?」「なぜ我が社なのか?」です。中身のない理由だと興味も持ってもらえません。

企業研究で知り得た「求める人材像」と、自己分析で導き出した「自身の将来像」を織り交ぜる形で志望動機を練り上げましょう。

採用することで企業が得られるメリットを、相手にイメージさせるのがポイントです。

工場からIT業界へ転職するメリット

工場からIT業界へ転職するメリット

工場からIT業界へ転職するための手順について解説してきました。ここで改めて工場からIT業界へ転職するメリットをまとめておきましょう。

ほとんどのケースで共通して考えられるメリットは以下のとおりです。

IT業界へ転職するメリット
  • 働き方の選択肢が増える
  • 実力主義で昇給スピードが早い
  • 業界の市場拡大が続き将来性が高い

働き方の選択肢が増える

工場勤務とIT業界を比較すると、働き方の選択肢に違いがあります。

IT業界ではフリーランスでなくても、リモートワークやフレックスタイム制などを利用して自由な働き方が可能です。

工場勤務ではシフト制というケースも多いので、ライフスタイルへの合わせやすさはIT業界のほうが上でしょう。

働く場所や時間の調整がしやすい点は、工場からIT業界へ転職するメリットと言えます。

実力主義で昇給スピードが早い

IT業界は実力主義で昇給スピードも早いです。スキルを得て実績を積み上げれば収入もどんどんアップしていきます。

一方で工場勤務は業務の内容にもよりますが、個人の評価を出すのには時間がかかる傾向です。

より短い時間で評価されたいのなら、IT業界のほうが適しています。これはモチベーションの面にも影響する要素です。

努力した結果がすぐに反映される、これはIT業界ならではのメリットと言えるでしょう。

業界の市場拡大が続き将来性が高い

最後は工場勤務と比較してではなく、IT業界自体のメリットです。IT業界は今後も市場の拡大が続き、将来性も高いと推測されています。

そういった業界に身を置いておけば、急な衰退を心配する必要はなくなるでしょう。スキルの内容によっては希少性が高まり、給料と仕事の数が増加していく期待もできます。

そうでなくてもIT業界はスキルの流用性も高いので、リスクを抑えて転職が可能です。

工場勤務の将来性については判断できませんが、IT業界のメリットは分かってもらえるのではないでしょうか。

工場からIT業界を目指す際の注意点

工場からIT業界を目指す際の注意点

記事の最後に、工場からIT業界を目指す際の注意点について解説していきます。その内容は以下のとおりです。

工場からIT業界を目指す際の注意点
  • デスクワークに慣れていない
  • 勉強時間が必要になる
  • 収入が減る可能性

人によっては転職を後悔することになるので、しっかりと理解しておきましょう。

デスクワークに慣れていない

工場勤務は身体を使った立ち仕事のイメージですが、IT業界はデスクワークがほとんどです。慣れていない状態だと、予想以上に負担がかかることも予想できます。

体を慣らすといったことはできませんが、ある程度の覚悟と負担を解消する準備もしておきましょう。

勉強時間が必要になる

IT業界は技術の移り変わりが激しい世界です。業界内で求められるスキルも時間とともに変化していきます。

そういった中でスキルや知識量が変わらないエンジニアは、やがて取り残されてしまうでしょう。

業務と関連性のある資格を取得したり、新たなプログラミング言語を勉強したりと、仕事の幅を広げる努力が必要になります。

IT業界で活躍し続けるためには、転職を成功させたあとも勉強が続くことを認識しておきましょう

収入が減る可能性

工場からIT業界への転職を決めたときに、現職である程度の立場があるのなら収入が減る可能性について考えておかなければなりません。

IT業界はスキルと実績で収入が決まるため、未経験で転職した場合は収入が低くなってしまうこともあります。

しばらくは低い給料でも生活できる準備をしておくべきでしょう。特に家族がいるケースでは問題も大きくなりがちです。

収入が減る可能性をしっかり考慮して、しかるべき準備の後に転職活動をスタートさせましょう。

工場からIT業界への転職は実現可能!まとめ

工場からIT業界への転職は実現可能!まとめ

工場からIT業界への転職は実現可能です。単なる夢や憧れでなくはっきりとした目的があれば、どんな状況でも転職成功率は上昇します。

必要なスキルを取得して転職エージェントを利用すれば、転職への道筋もしっかりと見えてくるでしょう。

自己分析と企業研究ができれば、自分に適した職場を見つけられます。現実味がないからと諦めずに、まずは業界の下調べから始めてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次