SESの退職理由は?面接での伝え方を例文と合わせて紹介

SES 退職理由

SESの退職理由は年収や職場環境などさまざまです。
また、退職を伝える時はその後のプロジェクトなどを配慮して準備期間を考えることも重要です。

SESの退職理由はどんなことがある?
円満に退職するにはどうしたらいい?

今回の記事ではSESの退職理由や円満に退職するためのポイントを紹介します。
SESを退職する理由は収入や労働環境などさまざまです。

SESの退職を考えている方はぜひ、参考にしてください。

この記事のまとめ
  • SESの退職理由は待遇や職場環境が原因であることが多い
  • 退職理由はポジティブな内容に言い換える
  • 転職活動のことを社内では言わない
  • 1か月前に退職の意思を伝えること
目次

【エンジニアのリアルな声】SESの退職理由5選

エンジニア 退職理由

SESの退職理由を紹介します。

SESの退職理由は待遇や職場環境が原因であることが多いです。
それぞれの理由について詳しく解説をします。

会社のマージンが高く給料が上がらない

SESエンジニアが退職や転職を考える主な要因は、給料や年収の低さです。
大抵はエンジニアは高い技術力や努力に見合った報酬を期待します。

しかし、SES企業の場合、クライアントからの契約金額から給与が支払われるため、会社のマージンが高ければ高いほど、エンジニアの給料が下がる傾向があります。

特に2次請けや3次請けの場合は、契約金額が低くなりがちであり、給料もそれに比例して下がります。
そのため、技術力や成果に見合った給与を得られないと感じたエンジニアは、他の職場を探す場合が多いです。

自社開発や直接案件を手がける企業の方が、プロジェクトの成果に応じた報酬や昇給の可能性が高いため、SESエンジニアにとって魅力的に見えるので転職を考えます。

単調な作業ばかりでスキルが身に付かない

SESエンジニアが転職を考えるもう一つの理由は、単調な作業ばかりでスキルが身につかないことです。

SES企業では、未経験者でも参画できるプロジェクトが多くありますが、その一方で取り扱う作業は単純かつ繰り返しのものが多い傾向があります。

また、派遣先の指示に従って作業を行うため、自己のスキルを発揮する機会が限られてる場合が多いです。
さらに、プロジェクトの短期間化やクライアントの要求変更などもあり、深い技術的知識やスキルを身につけるのが難しい状況が生じます。

このような状況下では、将来的なキャリアの発展や成長に不安を感じるエンジニアが多く、スキルアップを目指した転職を検討するケースが増えています。

派遣先の職場に馴染めずやりづらい

SESエンジニアが現場で働くときに、派遣先の職場環境が重要です。

常駐先での仕事を円滑に進めるためには、派遣先の企業文化やチームの雰囲気に適応することが必要です。
しかし、自身が馴染めない環境では仕事がしにくくなります。

特に、長期間同じ常駐先で働く場合、スキルアップできる機会が減少し、キャリアの成長に影響を及ぼす可能性があります。

このような理由から、派遣先の職場環境が合わないと感じたSESエンジニアは、転職を検討することが多いです。

案件の度に人間関係を構築しなけらばならない

SESエンジニアは常駐先でさまざまな人々と協力しなければなりません。
しかし、プロジェクトごとに異なるチームや人間関係を築くことは簡単ではありません。

特に、プロジェクトの期間が短い場合や頻繁に派遣先が変わる場合は、新たな人間関係を築く時間が限られます。

このような状況では、ストレスや疲労感が増大し、退職を考えるきっかけとなることもあります。

残業や休日出勤が多く労働環境への不満が溜まりやすい

SESエンジニアは、プロジェクトの期間や状況によっては、残業や休日出勤が頻繁に発生することがあります。
特に、締め切りに追われたり、予期せぬ問題が発生した場合には長時間の労働が必要となることがあります。

このような労働環境では、ストレスや体力の消耗が激しくなります。
また、残業や休日出勤が常態化すれば、仕事とプライベートのバランスが崩れ、心身の健康に悪影響を与える可能性があります。

これらの理由から、労働環境への不満がSESエンジニアの退職を考える原因となることがあります。

【失敗しない】SESの退職理由を伝える際のポイント

失敗しない 退職理由

次にSESの退職の理由を伝えるポイントを紹介します。
退職理由を伝えるポイントは以下です。

退職理由をポジティブな内容に言い換える

SESエンジニアが退職を考える際、上司に理由を伝えることは重要ですが、その際にはポジティブな言い回しを心がけることが大切です。

たとえ給与面や客先常駐環境が合わなかったとしても、その状況をネガティブに伝えるのではなく、自分のキャリアや成長のための次なるステップとして伝えるのが重要です。

建設的なコミュニケーションを通じて、上司との信頼関係を損なわずに円滑に退職できるよう努めましょう。

主体性を持って働いてきたことをアピールする

SESエンジニアが退職理由として新たなキャリアチャレンジを望む場合、自身の主体性や積極性をアピールすることが有効です。

例えば、自社開発企業での挑戦やSIerでの新技術習得など、自己成長や技術力の向上を目指す姿勢を上司に伝えることで、退職理由がより納得しやすくなります。

ポジティブな視点で前向きな挑戦のために退職を選んだことを明確に伝えることが重要です。
以上のポイントを踏まえ、自身の退職理由を丁寧に伝えることで、円満な退職ができます。

SESを円満退社するために気を付けること

円満退社 気をつけること

SESを円満退社するために気を付けることを紹介します。

SESを円満に退職するためには周りに言いふらしたり、長引かせたりしないことが重要です。
それぞれのポイントを解説します。

転職活動を行っていることは社内や常駐先に言わない

転職活動中であっても、その事実を社内や常駐先に漏らさないことが重要です。

転職活動が周囲に知れ渡ると、業務外のことで気を使わないといけなくなり、周りの人間関係に影響が出る可能性があります。

業務時間内に転職活動を行わず、プライベートの時間を使いながら、信頼のおける人物にのみ転職の意向を伝えるのがポイントです。

また、現職の情報やノウハウを守秘することも大切です。
周囲の理解と協力を得るためにも、慎重に行動することが重要です。

退職は直属の上司に申し出る

退職の意向を伝える際には、直属の上司に最初に伝えることが大事です。
同僚に先に話すことで誤解や不和が生じる可能性があります。

情報が誤って広まってしまうと、信頼関係が損なわれるだけでなく、退職がしづらくなります。

退職の意思が固まったら、速やかに上司に相談し、適切な手続きを踏みます。

円満な退職を望むならば、上司との信頼関係を損なわないよう注意が必要です。

なるべく速やかに退職の意思を伝える

退職を決断したら、速やかに上司に退職の意向を伝えることが重要です。
理由として、業務の引き継ぎや余計な情報が漏れないようにするためです。

自分の業務を引き継ぐためには、準備やスケジュール調整に時間がかかることがあります。
また、早期の退職意向を伝えることで、後ろめたさを感じながら仕事をするストレスも減ります。

たとえ退職の意思を伝えるのが難しくても、上司と協力し、適切なタイミングで退職の計画を進めることが大切です。

SESを辞めたいと考えている人は転職エージェントの利用がおすすめ

エージェント利用 おすすめ

SESを辞めたいと考えている人は転職エージェントの利用がおすすめです。
転職エージェントの利用がおすすめの理由は以下です。

転職エージェントを利用することで自分で転職活動を行うよりも成功率が高まります。
それぞれの理由について詳しく解説をします。

面接官が納得する退職理由を一緒に考えてくれる

転職活動中の人にとって、退職準備は大きな悩みです。
特に次の会社の入社日と退職日の調整や引き止めに対する対応は頭を悩ませます。

こうした問題を解決するために転職エージェントの利用がおすすめです。
キャリアアドバイザーは、面接官が納得する退職理由を一緒に考えてくれます。

納得する退職理由を会社に伝えることで余計なトラブルにもなりません。
さまざまなトラブルに対処するためのサポートを受けながら、円滑な転職を実現しましょう。

これまでの経歴やスキルを踏まえた求人の提案を行ってくれる

転職活動をする上で求人探しは時間と労力を要する作業です。
特に在職中の場合、時間の制約があり、理想の求人を見つけることが難しいこともあります。

転職エージェントは、面談を通じて求職者の経歴やスキルを詳細に把握し、それに基づいて適切な求人を提案してくれます。

そのため、求人選びの手間を省きながら、自分に最適な案件を見つけることができます。
また、求職者が企業側の要件に合致しているかどうかも考慮されるため、効率的な転職活動が可能です。

転職エージェントを利用することで効率的に理想の求人が見つかります。

条件交渉・入社手続きまで難しいSESの転職をサポート

SESの転職は条件交渉や入社手続きが面倒な場合があり、個人で行うのは難しい場合があります。

転職エージェントはこのような難しいプロセスをサポートしてくれます。
内定が決まれば、給与や入社時期などの条件交渉が行われますが、直接交渉するのも難しいものです。

転職エージェントが交渉してくれるので、求職者の要望もしっかり反映されるスムーズな提案が可能です。
企業と求職者の間でのバランスが取れた交渉ができ、円滑な転職ができます。

SESの退職理由についてよくある質問

退職理由 よくある質問

SESの退職理由についてよくある質問を紹介します。

SESはプロジェクトの途中でも辞めれますか?

SESであってもプロジェクトの途中での退職は可能です。
契約期間やプロジェクトの進行状況に関わらず、個人が会社を退職する権利は保証されているからです。

法的には、最低でも2週間前に退職の意思を通達すれば良いとされています(民法第627条)。
ただし、実際にはプロジェクトのスケジュールや後任エンジニアへの引き継ぎなどを考慮する必要があります。

そのため、期限ギリギリの報告は避け、1か月前に退職の意思を伝えることが望ましいです。
事前準備をしっかり行うことでその後のプロジェクトの進行や後続エンジニアへの負担が軽くなります。

退職は慎重に計画し、トラブルを避けるための配慮が必要です。

SESを退職する場合いつまでに言うべきですか?

SESからの退職を考える際、最適なタイミングは内定を受け取った日から1か月後が適切です。
十分な準備期間を確保する一方で、取引先やプロジェクトに対する配慮も考慮すると一か月前が望ましいです。

派遣されたプロジェクトが終了する時期や契約満了時に退職の意思を伝えるのが理想的ですが、内定先から早期入社を求められる場合も考えられます。

転職先企業の要望を十分に聞きつつ、周囲に迷惑をかけないようにするために、1か月程度の期間を目安に話し合うことが重要です。

客先常駐を辞めたい理由には何がありますか?

SESエンジニアが客先常駐を辞める理由は多岐にわたります。

主な理由は、給与や年収が低いこと、スキルアップが難しい環境であること、職場環境や人間関係が合わないこと、そして労働環境が悪いことです。

これらの要因から、SESエンジニアは自身のキャリアや生活に合わせて、客先常駐を辞めることを決断することがあります。

突発的に辞めることを考えるのではなく給与や労働条件、職場の雰囲気などを慎重に考慮し、適切な判断をすることが重要です。

【まとめ】SESの退職理由

まとめ SES退職理由

ここまでSESの退職理由について解説をしました。

SESエンジニアが客先常駐を辞める理由はさまざまです。
主な理由は、給与や年収が低いこと、スキルアップが難しい環境であること、職場環境や人間関係が合わないことです。

しかし、SESを退職する際はしっかりと準備期間を持つことが大事です。
残された人に配慮しながら準備することで円満に退職ができます。

この記事が退職理由や伝え方の参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次