SESを辞めてよかった理由5つと退職がおすすめな人の特徴を解説

SES 辞めてよかった

SESを辞めて良かったと感じている方は意外に多いです。
SESを辞めて「年収が上がった」「労働環境が改善された」と言った声があります。

SESを辞めてよかった理由は?
退職するときの注意点はある?

今回の記事ではSESを辞めてよかったと思う理由や退職したほうがいい方の特徴などを解説します。
また、SESはプロジェクトごとに契約されている場合が多いので、進行状況などを考慮して退職を申し出るなどがポイント。

SESを辞めたいと感じている方は参考にしてください。

この記事のまとめ
  • SESから優良自社開発企業へ転職して待遇が良くなった
  • SES時代よりも年収が大幅に上がった
  • 膨大な残業によるストレスから解放された
  • 引継ぎ・退職手続きを済ませてから退職する
目次

【事実】「SESを辞めてよかった」と言う人は多い

SES 辞めてよかった

SESは未経験の採用にも積極的であることから勤務する人も多いです。
しかし、実はSESを辞めてよかったと思う人はたくさんいます。

辞めてよかったと思う理由は以下です。

SESから自社開発企業に転職して待遇が良くなった

SESから自社開発企業への転職した場合、多くのケースで待遇が向上します。
SESは下請けであり、同じ会社での勤務が続いても年収をあげるのが難しい傾向にあります。

さらに、評価を行う上司が常に同じでないため、適切な評価を受けることもままなりません。
これに対し、自社開発企業では直接雇用されることで、給与や福利厚生が改善される可能性が高いです。

その結果、年収アップや待遇改善に成功し、「SESを辞めてよかった」という声が多く聞かれます。

SESから優良自社開発企業へ転職成功した

SESから優良な自社開発企業への転職は、仕事環境の改善に繋がります。SESは客先常駐が主流であり、契約期間が終了すると新たな職場を探さないといけません。

このような状況下では安定することが難しく、ストレスや体調不良のリスクが高まります。
また、常駐先の企業によって業務内容や労働環境が異なるため、仕事の変化に適応する力も求められます。

一方、自社開発企業ではこうした不安定な要素が少なく、安定した業務環境で働けることが多いです。
そのため、SESを辞めて自社開発企業に転職した人々からは、辞めてよかったという声が多く聞かれます。

SESを辞めてよかったと感じたこと5つ

SESを辞めてよかった

次にSESを辞めてよかったと感じたこと5つを紹介します。

SESを辞めてよかったと感じる部分はそれぞれです。
各項目について詳しく解説をします。

SES時代よりも年収が大幅に上がった

SESからの転職により、多くのエンジニアが年収アップしています。

SESは下請けであるため、同じ会社での勤務が続いても年収があがることは珍しく、評価が反映されることも少ないです。

そのため、自社開発企業や他の企業への転職によって年収がアップし、SESを辞めて良かったという声が多く聞かれます。

膨大な残業によるストレスから解放された

SESエンジニアは多くが顧客先に常駐し、多重下請け構造の中で働いています。
この状況下では、顧客先の指示や業務内容が変化しやすく、長時間の残業や過重な業務負荷が常態化しています。

特に「偽装請負」の場合、労働条件が不利になることも珍しくありません。
SESを辞めて自社開発企業や他の企業に転職した人々は、これらのストレスから解放され、働きやすい環境で仕事ができることが辞めてよかったと感じる要因になっています。

上流工程に携わることでSES時代よりもスキルアップを実感できる

SESを辞めて上流工程に関わることで、スキルアップを実感する人も多いです。

SESでは主に下流工程の案件が多く、実装やテストが中心です。
しかし、自社開発企業や大手企業への転職により、上流工程の仕事に携わる機会が増えます。

上流工程では企画やメイン設計を担当し、システムの品質や方針を決定する重要な役割が多いです。
上流工程の仕事に携わることで、自己成長やスキルアップを実感し、「SESを辞めて良かった」という声が見受けられます。

SES時代にはなかった福利厚生を受けられる

SES企業を辞めて大手企業に転職すると、福利厚生が全然違うと感じる方が多いです。
大手企業では家賃補助やリモートワーク、フレックス制度など、豊富な福利厚生が提供されます。

また、育休や産休を取得しやすい環境も整っているが特徴です。
これにより、働きやすい環境で仕事に取り組むことができ、私生活でも良い影響があります。

SESを辞めて福利厚生が充実した企業に転職した人々からは、「仕事もプライベートも以前より充実している」といった声が多く聞かれます。

自社に対して帰属意識を持てるようになった

SESを辞めて自社に帰属意識を持てるようになった人も少なくありません。
SESでは顧客先に常駐し、自社との関わりが薄い場合が多いため、帰属意識を持ちにくい傾向があります。

一方で、自社開発企業や大手企業では自社のビジョンや目標に共感し、自社への貢献を意識することが多いです。
帰社日や社内イベントなどを通じて自社社員との親睦を深めることで、組織への熱意や貢献意欲が高まります。

SESを辞めて自社に帰属意識を持てるようになった人々は、仕事へのやりがいを感じ、「SESを辞めて良かった」と実感しています。

SESを辞めた方が良い人の特徴

SES辞めたほうがいい 特徴

SESで合っている人もいれば、辞めたほうが良い人もいます。
SESを辞めた方がいい人の特徴は以下です。

SESで長く仕事をするとスキルが身に付きづらいなどの弊害があります。
それぞれの項目について詳しく解説をします。

スキルが身に付かない雑務を1年以上行っている人

SES企業では、ITエンジニア志望の者でもヘルプデスクや事務、Excelでのデータ入力などの雑務に従事するケースがあります。

これらの仕事では本来のスキルが活かせず、成長が見込めません。

特に、1年以上このような雑務を行っている場合、今後も同じ状況が続く可能性が高いです。

そのため、早めにSES企業を辞めて、スキルを磨くことが重要です。

高いスキルを有しておりSES以外の会社へ転職できる人

高いスキルを持つエンジニアは、SES企業を辞めた方がスキルアップにつながります。

むしろ、人気の高い優良企業への転職が可能性として考えられます。
大手SIerやWeb系メガベンチャー、また優良企業の社内SEなどへの転職が可能です。

IT業界ではエンジニアの需要が高まっており、高いスキルを持つ人なら年収700万円から1,000万円を目指すことも狙えます。

SESを辞めて、新たなキャリアチャンスを掴むためにも、積極的な転職活動を行うことが重要です。

SESを辞めたい人におすすめの転職先

SES辞めたい 転職先

次にSESを辞めたい人におすすめの転職先を紹介します。

それぞれの項目について詳しく解説をします。

自社開発企業|上流工程の業務が多く年収アップが期待できる

SES企業から辞めたい人は自社開発企業に転職することをおすすめします。
自社開発企業では上流工程の業務が主体であり、企画から携わることができます。

上流工程から関わることでスキルアップが期待できます。
また、SES企業と異なり案件先が固定されていないため、人間関係が安定しやすいです。

自社開発企業の中には大手企業も多く、年収アップの期待も期待できます。
自社開発に興味がある方は、積極的に転職活動を行い、自身のキャリアを広げることをおすすめします。

受託開発企業|企画から携わる機会が多くスキルアップできる

受託開発企業は、クライアントからの直接依頼を受けてシステム開発を行います。
従って、「請け負う=受託」というかたちです。

SESとは異なり、作業時間に応じて報酬が発生するのではなく、システムを納品する義務を負います。
企画や設計から携わることができるため、仕事の質が向上します。

クライアント企業からもらえる報酬が増えるため、年収が上がる可能性が高いです。
自社開発に比べて年収アップの幅は大きくないかもしれませんが、企画から携われるためスキルの向上が見込めます。

SIer|福利厚生が手厚く働きやすい環境が整っている

SIerはシステム開発や運用などを請け負う企業であり、クライアントの要望に応じてシステムやソフトウェアの設計や運用を行います。

Slerは設計から携わることができるため、スキルが向上しやすいです。
また、規模の大きいプロジェクトに責任感を持って参画できることも多いです。

そのほかにもSIerではプロジェクトの管理やコンサルティング業務も行うため、マネジメントスキルやビジネススキルの向上が見込めます。

SESを辞めて新たなキャリアチャンスを模索するなら、SIerも魅力的な転職先の一つと言えます。

フリーランスエンジニア|スキルが身に付いている場合は高単価案件も可能

フリーランスは給与が高く、自由な働き方をできるため、多くの人が目指す選択肢の一つです。

ただし、仕事は自分で営業して受注しなければなりませんが、転職エージェント経由で紹介してもらうのもできます。

そのほかには年末調整などの手続きは自分で行う必要があるため、その点にも注意が必要です。

SESを辞めて転職するまでにすること

SES 辞める すること

SESを辞めて転職までにすることを紹介します。

転職までにすることは以下です。

それぞれの項目について詳しく解説をします。

SESを辞めたいと思う理由をまとめる

SESを辞めたいと思う理由を整理することは重要です。

辞めたい理由を整理することで抱えている自分が希望する条件が明確になり企業へのアプローチがスムーズになります。

その結果、より良い職場への転職が可能になります。
SESを辞めてよかったと感じるためにも、辞めたい理由を整理して転職先を見つける際の参考にしましょう。

現在の不満を解消できる転職先企業の特徴を考える

転職活動を開始する前に、自分の不満が解消できる転職先企業の特徴を考えることが重要です。
余裕を持って転職活動を行い、転職先をしっかりと選ぶのがおすすめです。

SESを辞めてより良い職場を見つけるためには、事前に転職エージェントを利用して内定をもらっておくことが大事です。

転職エージェントに登録して求人紹介を受ける

在職中に転職を考えている場合、転職エージェントを利用することがおすすめです。
転職エージェントは、求職者に代わって求人を選び、条件に合った会社を探してくれます。

在職中に転職活動を行うことで、精神的な余裕を持って転職活動を進めることができます。
しかし、在職中の時間がない中で効率的に転職活動を進めるのに自力でやるのはおすすめしません。

そのため、転職エージェントに登録して活動を始めることをおすすめします。

内定が決まったら常駐先ではなく「所属企業の上司」に申し出る

転職活動を転職先が確定したらあなたの所属している企業の上司に退職したい旨を伝えるのがいいです。

ここで注意するべきポイントは、退職の意思を伝える相手はあなたの所属している企業で合って派遣先ではありません。

退職の意向を伝える先に気を付けてください。

引継ぎ・退職手続きを済ませてから退職する

トラブルを避けるためには、退職手続きと引継ぎをしっかりと行ってから現在所属している企業を退職しましょう。

退職の際には年金手帳などの受け取りや、有給休暇の消化など、注意が必要な点も多いです。
辞めるのを待ってほしいと懇願されて辞めるまでの期間を引き延ばされるケースも少なくはありません。

そのため、現在の会社とトラブルにならないよう、余裕をもって退職手続きを進めましょう。

【まとめ】SESを辞めてよかったと感じる人は多い!

SES 辞める まとめ

ここまでSESを辞めて良かったと感じる理由などを紹介しました。
SESを辞めて良かった感じる人は意外に多いです。

しかし、SESを辞める際には、内定が決まったら所属企業の上司に退職意向を伝え、常駐先の上司ではないことに注意する必要があります。

また、引継ぎや退職手続きをきちんと行い、トラブルを避けることが重要です。
SESを辞めたいと感じている方は一度転職エージェントに相談して求人を見てみることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次