メーカー系sierはやめとけ?その理由や向いている人の特徴を徹底解説

メーカー系Sler やめとけ

メーカー系SIerが気になってはいるが、やめとけという噂を聞くと不安に思った方もいるのではないでしょうか。

しかし、メーカー系SIerは親会社の基盤がしっかりしていて、安定してはたらけるなどのメリットも多いです。

メーカー系SIerがやめとけと言われる理由は?
メーカー系SIerで働くメリットは何?

この記事ではメーカー系SIerがやめとけと言われる理由や働くメリットなどを紹介します。
メーカー系SIerが気になっている方は参考にしてください。

この記事のまとめ
  • メーカー系SIerは親会社の支えが強く福利厚生も手厚い
  • メーカー系SIer30社の平均年収は673万円
  • メーカー系SIerは年功序列の色が濃く若い内は出世がしにくい
  • メーカー系SIerは元請け案件が多く上流工程を経験できる
目次

メーカー系SIerはやめとけと言われる理由4つ

メーカー系Sler やめとけ 理由

メーカー系SIerはやめとけと言われる4つの理由を紹介します。

それぞれの理由について詳しく解説をします。

エンジニアとしての技術的スキルは上がりにくい

メーカー系SIerにおけるデメリットの1つは、スキルアップが難しい点です。

上流工程の割合が高いため、設計以降の工程に携わる機会が少なくなります。
その結果、「設計はできるが、開発や成果物のレビューができない、コーディングが苦手」といった事例が起きます。

開発力を向上させたいエンジニアにとっては、メーカー系SIerは向いていないかもしれません。
スキルアップを考えるなら自社開発企業や受託開発がおすすめです。

ソリューション選択に親会社の影響が入りやすい

メーカー系SIerの難点の1つとして、親会社の影響下でのソリューション選択が挙げられます。

親会社以外の機器やサービスの提案が通らないことがあり、クライアントにとって最適なシステムを提供できない場合があります。

例えば、大手の富士通エフサスではIBM社製品の提案が難しく、AWSを選択する場面でも親会社のクラウドサービスを利用せざるを得ないことがあります。

このような条件の中で、自由な提案が難しく、窮屈に感じる場合が多いです。

年功序列の色が濃く若い内は出世がしにくい

年功序列の色が強いこともメーカー系SIerのデメリットです。

大手企業であるため、昇進や昇給に時間がかかる傾向があります。
社員数が多いため、部署間の公平性を保つ必要から、出世が遅れる場合があります。

能力よりも年功序列が優先されることもあり、若い頃から評価され出世したい人には向かない環境かもしれません。

自らの能力を活かし、成長したいと考える人にとっては、メーカー系SIerは避けたほうがスキルアップに繋がります。

全国転勤や海外赴任の可能性がある

メーカー系SIerでは、全国転勤や海外赴任の可能性があることがデメリットとして挙げられます。

親会社が日本全国に営業所を持ち、海外にも進出している企業が多いため、プロジェクトによっては出張や駐在が頻繁に発生します。

これにより、都心以外の地域や海外に数か月間滞在することもあります。
新たに家を購入したい方や、英語を不得意とする方にとってはストレスの原因となります。

そのため、家族や生活環境を考慮する際には、メーカー系SIerでの転職を検討する際に注意が必要です。

メーカー系sierは安定志向が強い人におすすめ!

メーカー系Sler 安定

メーカー系SIerは安定志向が強い人におすすめです。
メーカー系SIerの特徴が以下です。

メーカー系SIerは親会社の支えが強く安定している反面、若いうちから多くの仕事を任されることが少ない面があります。

それぞれの特徴を紹介します。

親会社の支えが強く福利厚生も手厚い

メーカー系SIerは親会社の支援や福利厚生の充実が魅力的です。

企業が大手であると福利厚生も充実しています。
メーカー系Slerも親会社の福利厚生をそのまま受け継ぐパターンが多いです。

福利厚生が充実しているとモチベーションのアップにもつながりますし、いいリフレッシュにもなります。
メーカー系Slerは手厚い福利厚生を受けることができます。

若いうちから裁量を持って働きたい人にはおすすめできない

メーカー系SIerにおいては、若手社員が仕事において自己裁量を持つことが難しい状況が多いです。
メーカー系Slerでは年功序列が強く根付いていることが主な理由です。

従来の日本企業の文化において、年功序列は重要視され、上司の指示や決定が尊重される傾向です。
そのため、若手社員が積極的にリーダーシップを発揮する機会は限られ、自己裁量で業務を進めることが難しくなります。

結果として、若手社員は自らのスキルや能力を発揮する機会が少ないと不満がでます。
やる気を持って仕事に取り組みたい人にとって、このような環境では成長の機会ややりがいを見出しにくく、モチベーションの維持が難しくなります。

そのため、自己裁量を重視し、自らの能力を最大限に発揮したい人には、メーカー系SIerの環境は物足りないと感じるかもしれません。

メーカー系SIerの基本情報

メーカー系Sler 基本情報

メーカー系SIerの基本情報を紹介します。
紹介する基本情報は以下です。

メーカー系SIerの基本情報

それぞれの情報について詳しく解説をします。

メーカー系SIerの仕事内容

メーカー系SIerのエンジニアの主な業務内容は多岐にわたります。

主に親会社との協働によるクライアントシステムの要件定義や設計、現物を用いたプロジェクトのリード、実装や検証の管理、移行作業や深夜対応などが挙げられます。

特に親会社のシステムを利用するが特徴であり、その製品知識を深めるための勉強会も行われます。
しかし、親会社のシステムだけでなく他社製品への理解も必要であり、そのバランスを取ることが重要です。

メーカー系SIerの平均年収

メーカー系SIerの平均年収は、親会社と同じ水準ではなく少し低い傾向にあります。
しかし、ユーザー系SIerは上場企業や大手企業の子会社が多く、他のSIerよりも平均年収が高めです。

一般的には、親会社の年収の70%~90%程度が平均年収となります。
ただし、システムエンジニアの平均年収が約550万円であるのに対し、メーカー系SIer30社の平均年収は673万円とも言われています。

高収入のメーカー系SIerに転職をしたい場合は求人が豊富にあるIT転職エージェントを活用することがおすすめです。

メーカー系SIerで働くメリット

メーカー系Sler メリット

メーカー系SIerで働くメリットを紹介します。

メーカー系SIerの最大のメリットは安定していることです。

それぞれのメリットについて詳しく解説をします。

会社のブランド力が強く経営基盤が強い

メーカー系SIerは親会社が大企業であるため、経営基盤が安定しており、信頼性が高い点がメリットとして挙げられます。

また、親会社の名前で仕事をするため、顧客からの信頼や安心感を得やすい環境です。
中小企業よりも安定しており、顧客からの信用も高いため、キャリア形成において安定感を求める人にとっては魅力的な環境です。

安定した環境で働きたい方はメーカー系SIerはおすすめです。

元請け案件が多く上流工程を経験できる

メーカー系SIerは資本力があり、元請け案件の受注率が高いという特徴があります。

元請け案件では、クライアントに近い立場で要件定義や基本設計などの上流工程を担当する機会が多くなります。

クライアントとの折衝を通じて要件を抽出し、ビジネスに深く関わる設計を行うことができます。
上流工程をできる経験は、ITコンサルティング業務との親和性が高く、キャリアパスを見据えている人にとっては非常に有益なものです。

上流の仕事を経験してみたい人にメーカー系SIerはおすすめです。

大手メーカー系sierおすすめ企業一覧

大手メーカーSler おすすめ企業

企業名 平均年収 特徴
日立製作所 717万円 大手総合電機メーカーでグループ会社も多く、幅広いサービス提供。高い平均年収を誇る。
NEC 708万円 日本を代表する総合電機メーカーでIT・ネットワークソリューション事業などを展開。国内外に関連企業を有し、高い平均年収。
富士通 670万円 DXパートナーとして幅広いテクノロジー・サービスを提供。SDGsにも注力。安定した企業で高い平均年収を実現。
日立ソリューションズ 596万円 日立精神を基にテクノロジー・サービスやソフトウェア・サービス事業を展開。経営基盤が安定し、平均年収も高水準。
NECネッツエスアイ 606万円 NECから独立したメーカー系SIerでセキュリティのコンサルティングなどを提供。高い平均年収を誇る。

日立製作所、NEC、富士通、日立ソリューションズ、NECネッツアイは、日本を代表する大手企業であり、それぞれ独自の強みを持っています。

日立製作所は総合電機メーカーとして幅広い事業を展開し、717万円の平均年収が高いです。
NECはIT・ネットワークソリューションや半導体ソリューション事業で708万円の平均年収を誇ります。

富士通はDXパートナーとしての地位を築き、670万円の平均年収があります。
これらの企業は安定性が高く、採用に関する情報も充実しており、多く人からの人気も高いです。

メーカー系sierに入社するか迷ったときの判断基準

メーカー系Sler 判断基準

メーカー系SIerに入社するのか迷った時の判断基準を紹介します。
果たして自分はメーカー系SIerに合っているのか疑問に感じることもあるかもしれません。

以下の項目に照らし合わせて判断するといいです。

それぞれの項目について詳しく解説をします。

大企業志向・安定志向に当てはまるか

メーカー系SIerは大企業志向や安定志向を持つ人にとって適していると言えます。
大企業の特色が濃く残っており、年功序列や終身雇用などの伝統的な文化が根付いています。

親会社からの仕事が途切れる可能性が低く、安定した環境での勤務が期待できます。
また、基本給も他の企業と比べてそこそこの設定となっており、平均年収との差も少ないです。

昔ながらの企業の制度や文化に馴染みやすい人にとっては、メーカー系SIerが最適な職場となるかもしれません。

大規模なプロジェクトを経験しリードしていきたいか

大規模なプロジェクトをリードしたい志向を持つ人にとっては、メーカー系SIerは向いています。

メーカー系SIerは親会社が多くの営業所やクライアントを持っており、日本に限らず、プロジェクトも多岐にわたります。

また、情報通信の世界では規制も多く、更新頻度も高いため、さまざまな部署や海外現地法人との協力が必要となります。

グローバルな環境でプロジェクトに関与し、リードする経験を積むことができます。
特に若いうちから大規模プロジェクトに関わりたい人にとっては、メーカー系SIerが適した環境であると言えます。

同じ会社で長く働いていきたいと思うか

メーカー系SIerは、一般的に経営基盤が安定しており、従業員に対する福利厚生や給与などの待遇面が整っていることが多いです。

この安定した環境は、同じ会社で長期間働きたいと考える人にとって魅力的です。
安定した雇用状況や充実した福利厚生は、従業員にとって安心感があり、長期的なキャリアプランを考えやすくもあります。

そのため、自身のキャリア目標やライフスタイルに合わせて、安定した環境でキャリアを積みたい方にとって、メーカー系SIerは適した職場と言えます。

ただし、自己の成長や挑戦を重視する人にとっては、変化に乏しい環境であると感じる場合も多いです。
したがって、個々人の志向や価値観に合った職場環境を慎重に考慮し、選択することが重要です。

【まとめ】メーカー系sierはやめとけ

メーカー系Sler やめとけ まとめ

これまでメーカー系SIerはやめとけと言われる理由を解説しました。

メーカー系SIerはやめとけと言われることもありますが、安定性が高く、福利厚生や給与が整っており、同じ会社で長く働きたい人に向いています。

また、元請け案件が多く、上流工程の経験が得ることができます。
自分のキャリアプランや目的と照らし合わせながらメーカー系SIerに転職するのか決めるといいです。

もし、転職を考える場合は転職エージェントを利用したほうが効率的に転職活動を進めことができるのでおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次