• ログインログイン
  • 新規登録新規登録

MENU

SE志望者のエントリーシート(ES)の書き方【例文付き】

システムエンジニアになるために求められるものは何かを知ろう!

今は思う企業に就職しようと思うと簡単に就職できる時代ではありません。そんな時代にあっても、希望通りの企業に就職するためにはまず「何が求められているのか」をきちんと把握して、「求められているものを持っている自分をしっかりとアピールする」ことなのです。

アピールをしても求められているものとずれていては意味がありません。

システムエンジニアというのはシステムの開発にはもちろん関わりますが、上流工程の業務の中には基本設計、要件定義といったものも含まれます。もちろんこれは上流工程から案件にかかわることができるポジションで、プロジェクトに参画できた場合の話にはなります。システムエンジニアと一言で言っても、経験年数や実績によって立ち位置は広く、まったく違った業務内容になることもあるのです。

当然、企業がシステムエンジニア職として求人を出す場合、上流工程からプロジェクトに参画できるような人材、もしくはそうなれると踏んだ人材を採用したいわけですから、あなたの提示するエントリーシートで、まずは企業の求める人材だと期待させることが必要なのです。

システムエンジニア職に求められている人物像とは

まずはどんなものが求められているのか、簡単にご紹介してみます。

・コミュニケーション能力

人と対話する、相手の希望するものをくみ取るという能力は特に求められる素養です。

・新しい技術を追い続ける探究心や向上心

かなり早いペースで新しい言語が生み出されており、柔軟に取り入れられる能力や向上心は重要です。

・問題解決能力

立ち上げたシステムで思いもかけないようなエラーが出ることもありますし、テストしていくうえでデバッグが必要になることはよくあります。そのようなときにしっかりと対処しなくてはなりません。

・最後までやり遂げる力、根性

よくエラーやバグがでてやる気がなくなってしまうという人材に周りが困るということがあります。なんとかしてやろう!という気骨がなければ職業として続けていくのも厳しいでしょう。

こういったものをどのようにアピールしたらよいのかということも併せてご紹介します。例えばコミュニケーション能力についてアピールするのであれば、趣味や長所、性格について紹介する際にアピールがしやすいでしょう。

「人からよく相談されてアドバイスをすることが多くあり、人の助けになることができる嬉しさを感じ、仕事にも生かしていければと思った」

などのアピール方法もあります。

また最後までやり遂げる力や根性、においては実際に独学でプログラミングをおこなったりしている際に、思いがけないエラーやバグで思うように動かせなかったときに悩んだり、調べたり、壁に当たってしまったときに何とかしようともがき、解決までやり切ったことなどをプログラミングの楽しさを知ったエピソードとして触れることもできます。

このようにあざとくならない程度に、アピールしていくことでしっかりと自分を売り込むことができます。この自分を売り込むということができていないと書類選考も通過しづらい状況になってしまいます。

志望動機を書く前に、企業が求めるエンジニア像、業務内容をもう一度確認しよう

エントリーシートや履歴書を記載するうえで一番悩んでしまう方が多いのは「志望動機」ではないでしょうか。志望動機を書くにあたってまずすべきことは、「企業が求めている人物像をしっかりと把握すること」です。

ホームページで見るべきポイントは以下です。

「企業として顧客にむかってどんなメッセージを発しているのか」

「業務内容はどんなものなのか」

「募集要項にはどんな条件が記されているのか」

「どんなエンジニア像を理想としているのか」

次に、見つけ出したポイントの中で自身に合致するものがないか、自己分析をしてみましょう。趣味や性格、どんなことに興味があるのか、好奇心は旺盛なのか、人とのかかわりは得意なのか、など細かいものでもよいので企業に対してアピールできるものを探します。

企業に売り込むべきポイントをいくつかピックアップしたら、それを志望動機など自然に盛り込んでいける場所に文章として当てはめていけばよいのです。

ポイントは見つかったけれど、どのように文章として書けばよいかがわからない、という方のために、次の項では具体的な例文をいくつかご紹介したいと思います。

志望動機の記載例

ここでは短い例文をご紹介します。例文をうまく組み込みながら、また参考にしていただきご自身のエントリーシートに反映してみてください。

<モノづくりが好き、ということと将来の伸びしろをアピールする>

・小さいころからレゴブロックなど、”自分でものを作る”ということがとにかく好きで大学生活を送りながらも○○などでものを作るということの楽しさを実感してきました。

社会人になるにあたって、ものを作りたいという気持ちだけではなく、人の生活を便利にできるものを作り上げたい、一人ではできないような大きなものを作るということを御社でならプロの立場で体験できるのではないか、ぜひその一員として成長していきたいという気持ちから応募いたしました。

<大学時代のプログラミングなどをアピール材料とする>

・漠然とIT業界へのあこがれから大学、学部を選び、授業だけではなくサークル活動を通し、自分と仲間で思い描いたシステムを作り上げることの大変さ、そして楽しさを実感してきました。

思うとおりに行かない難しさは幾度となく実感したシーンもありましたが壁を越えられた時の達成感が忘れられず、システムエンジニアを目指す決意をしました。

<企業理念と自分の思いを重ねてアピールする>

・お客様のためになることを全力で実現したい、という御社の理念は学生時代のアルバイトで接客業をしてきた経験で何度も感じてきたことでした。

仕事として人のためになりうる事業に関わりたい、ということと大学で学んだシステム開発に関われることを両立できるのは御社しかないと感じ、応募させていただきました。

あまり堅苦しく考えてしまうと、まさにネットで掲載されているようないかにも例文、といった志望動機になってしまいます。それではほかの応募者との差別化が図れませんから、あなたならではのアピールができる文章になるよう、参考にしていただければ幸いです。

SEを目指すならエージェントと話をしよう

エンジニア就活には、IT業界・SEに強いエージェントがいます。彼らに話を聞いてもらうことで、自分が何をやりたいのか、自分が大切にしているのが何なのか、就活するうえでの軸が見えてきます。さらに、各人に合った未公開の求人情報も紹介してもらえるので、まずは気軽に相談してみましょう。登録や相談・セミナーなど、すべて無料で活用できます。

お名前 (必須)

カタカナ (必須)

大学名(必須)

学部・学科名(必須)

卒年(必須)

電話番号(必須) ※連絡が取れる電話番号をご入力ください。

メールアドレス(必須)  ※連絡が取れるアドレスをご入力下さい。

利用規約および個人情報の取扱いに関する通知文に同意する

※就活相談の実施場所は、下記住所になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シンクトワイス株式会社 エンジニア就活事務局
東京都港区赤坂4-8-14赤坂坂東ビル5階
TEL:03-6825-5450より個別面談のご案内を差し上げる場合がありますのでご認識をお願いします。
mail:e-shukatsu@thinktwice.co.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オススメ記事一覧

もっと見る
完全無料!

1で登録完了!

エンジニアの仕事・年収や選考ノウハウ記事が読めるほか、
会員にはプログラミング講習やES・面接対策などリアルな無料サポートも充実。
ここだけの求人情報も多数。

今すぐ新規会員登録
Page Top