レバテックキャリアに断られた理由と対処方法を徹底解説!

レバテックキャリア 断られた

ハイクラスな求人が多いレバテックキャリア。

レバテックキャリアがターゲットにしている人材の違いで断られてしまうケースがあります。
しかし、断られる理由は明確に存在しています。

レバテックキャリアから断られる理由は?
断られたときの対処法はある?

このような疑問にお答えします。

結論からいうと断られたら、ほかの転職サイトを利用することがおすすめです。
本記事では断れた場合の対処法などについて詳しく解説をします。

  • レバテックキャリアに断れる理由
  • おすすめのほかの転職エージェント
  • レバテックキャリアから連絡がこない場合の対処法

レバテックキャリアに断られた理由を紹介

レバテックキャリア 断られた理由

レバテックキャリアに申し込んで断られた考えられる理由は以下。

  • ①地方での勤務を希望したから
  • ②未経験者だから
  • ③実務経験が短い

それぞれの理由について解説をします。

レバテックキャリアに断られた理由①地方での勤務を希望したから

レバテックキャリアは地方の案件がほとんどありません。
レバテックキャリアの案件は東京都や大阪などの中心地に集中しています。

そのため、地方の案件を希望した場合は拒否されることもある。

そもそも、ITの求人自体が地方には少ないです。
ITの職種を希望するならまずは首都圏で考えるほうが選択の幅は広がります。

東京都や大阪へ通える距離に住む、または地方にも案件があるほかの転職サイトを利用することをおすすめします。

レバテックキャリアを断られる理由として、地方の案件を希望したことが考えられるでしょう。

レバテックキャリアに断られた理由②未経験者だから

レバテックキャリアは専門性の高い人をターゲットにしています。
そのため、未経験だと断られる可能性がある。

レバテックキャリアに求人を出している企業も即戦力のスキルを持った人材を求めています。
そのなかで未経験だと企業の要望に応えることが難しいため、レバテックキャリアから断りをいれることも多い。

レバテックキャリア自体がハイクラスな転職サイトです。
未経験だと求めるレベルに応えることができない可能性があるので最初から人材を選ぶかたちになります。

もし、未経験者対象の求人を探すなら、リクナビかDODAなどの大手サイトがおすすめです。

レバテックキャリアに断られた理由③実務経験が短い

レバテックキャリアを断られた理由として、実務経験が短いことが考えられます。

先述した通り、レバテックキャリアはハイクラスな人材をターゲットにしているため、実務経験が浅い、またはプログラミングスクールを卒業した程度だけだと断られる可能性があります。

企業側も求めているのは即戦力となる人材。
実務経験が短いと要望に応えれる可能性が低いので、断りをいれることが多いです。

まずは実務経験を積んでから、チャレンジするかほかの転職サイトを利用することをおすすめします。

レバテックキャリアに断られた理由④離職期間が長い

離職歴が長いとレバテックキャリアを断れる可能性があります。

レバテックキャリアは現場ですぐに使える人材を求めています。
そのため、経歴にブランクがあると実戦で使えるのか疑問視されてしまいます。

しかし、過去の実績が優れていれば、離職歴が長くても採用されるケースはある。
エンジニア職などは過去の実績や働いていた期間が長ければ、ブランクはさほど気にしない業界です。

逆に実績がとぼしいまま長いブランクがある場合は評価はされません。

エンジニア職などで過去の実績がある場合はアピールすることができれば、断られることはないかもしれません。

長いブランクがあり、レバテックキャリアを断られた場合は過去の実績が評価されなかったと考えられます。

レバテックキャリアに断られた理由⑤IT系の職種を希望していない

レバテックキャリアを断られる理由として、IT系の職種を希望してない場合が考えられます。

レバテックキャリア自体がIT専門の転職サイトです。
IT系の職種を希望している人を対象としており、実際に求人もIT系ばかりです。

IT以外の職種を希望した人の要望に応えることができず、求人を提供できないと断られます。
レバテックキャリアを希望するなら、IT系の職種で考えるほうがいいでしょう。

もし、ほかの職種を希望するなら、リクルートやDODAなどのほかの転職サイトを検討することをおすすめします。

レバテックキャリアに断られた理由⑥転職回数が多い

レバテックキャリアでは転職回数が多いと求人を紹介してもらえない場合があります。
理由は転職回数が多いと転職してもすぐにやめると思われてしまうからです。

特にレバテックキャリアはハイクラスの求人をターゲットにしているため、転職先の会社が払う給料や手数料の金額も大きい。

レバテックキャリアとしては退職する心配のある人材は簡単に紹介はできないのが理由です。
転職回数が多い場合は先述した通り、後ほど紹介するほかの転職サイトを利用することをおすすめします。

他のIT転職エージェントを活用する

他のITエージェント 活用

レバテックキャリアを断られた場合は他のIT転職エージェントを利用しましょう。

ハイクラスな人材を対象としたレバテックキャリアよりも条件は少しゆるくなります。
また、他の求人サイトなら求人数も増えますので、選択肢の幅も広がる。

そのため、実務経験がとぼしいことや転職回数が多い場合でも求人を紹介してくる可能性があります。

まずは他の求人サイトを利用し、転職して実績を積んでから、レバテックキャリアに再度申し込むといいでしょう。そこからさらなるキャリアアップを目指すことをおすすめします。

レバテックキャリア以外のおすすめIT転職エージェント

レバテックキャリア以外 転職エージェント

レバテックキャリア以外のおすすめIT転職エージェントを紹介します。

  • ①リクルートエージェントIT
  • ②ウィルオブ・テックキャリア
  • ③マイナビITAGENT

それぞれの転職エージェントについて、詳しく説明をします。

①リクルートエージェントIT|転職サポートツールが豊富

リクルートエージェントIT

リクルートエージェントITの特徴
  • 求人者の希望に合った求人を紹介してくれる
  • 社内の雰囲気なども伝えてくれる
  • 給料などの聞きにくいことも代わりに交渉してくれる

リクルートエージェントITは求人数も多く、転職者の状況に合わせた求人を紹介してくれます。

運営会社が業界でも最大手のリクルートのため、IT系の求人数も他の求人サイトよりも多数取り揃えています。

また、経験豊富なアドバイザーが多数在籍しているため、安心してサポートを受けることができるでしょう。

転職活動の経験が少なくて不安な方はリクルートエージェントITなら、安心してまかせることができます。

②ウィルオブ・テックキャリア|2名の専属アドバイザー

ウィルオブ・テックキャリア

ウィルオブ・テックキャリアの特徴
  • 年収アップをベースとしたコンサルティング
  • 転職者の要望を聞いてロングスパンでサポート
  • 目的別に専属で2名がサポート

ウィルオブテックキャリアは年収アップをベースとした転職エージェントです。

アドバイザーも専属で2名ついており、転職者の悩みをヒアリングするキャリアアドバイザーと企業の内情を伝えて、最適な企業を伝えてくれるリクルーティングアドバイザーがいます。

目的別にアドバイザーがいるので、漏れのない完璧なサポートを受けることができます。
転職者に寄り添ってくれるので、自分が納得した転職をすることができるでしょう。

年収アップをベースに転職を考えたい、きめ細かなサポートを受けたい方はウィルオブテックキャリアはおすすめです。

③マイナビITAGENT|求人数が豊富

マイナビIT AGENT

マイナビITAGENTの特徴
  • 若い方からの支持も強い
  • 若年層の満足度NO1
  • これまでの実績から今後のキャリアをサポート

マイナビITAGENTは20代〜30代の若い年代に転職に強い転職エージェントです。
特に20代から評判がよく、その評判は業界でもトップクラス。

運営会社が業界でも最大手のマイナビのため、求人数も豊富にあります。

アドバイザーの質も高く、求人者をしっかりとヒアリングして、経験の棚卸ししてから、今後の方向性などもしっかりと決めてくれます。

若い人はまだ転職経験が浅く、なにかと不安な部分が多いと思います。
不安な中でも経験が豊富なアドバイザーが精神面などを含めてサポートをしてくれるでしょう。

マイナビAGENTは若い人の転職に強いので20代〜30代の方におすすめの転職エージェントです。

レバテックキャリア登録後、連絡がこない場合の対処法

レバテックキャリア 連絡こない

もし、レバテックキャリア登録後に連絡がない場合も対処法を紹介します。

  • レバテックキャリア登録後のサポートの流れを確認
  • 電話番号、メールアドレスは間違えていないか確認

それぞれの対処法について解説をします。

レバテックキャリア登録後のサポートの流れを確認

まずはレバテックキャリア登録後のサポートの流れを確認しておきましょう。

①Webからの申し込み
②電話かオンラインでのカウンセリング
③求人を紹介されて応募から書類の選考
④書類選考通過後に面接

まずはWebからの申し込み後、選考の基準をクリアしていれば、メールか電話でカウンセリングの案内が届きます。連絡がこない場合はこの申し込みの時点でどこかに誤りがあります。

もし、しばらくして連絡がこない場合は届いていない可能性があるのでレバテックキャリアに直接問い合わせてみましょう。

電話番号、メールアドレスは間違えていないか確認

レバテックキャリアから連絡がこない場合の多くが電話番号やメールアドレスが間違えている場合があります。

まずは自分が登録した情報を再度確認をして、電話番号やメールアドレスが間違えていないのか確認をしてみましょう。

もし、間違えていた場合は正規のメールアドレスと電話番号で再登録してみるといいです。

他の考えられる理由は電話番号を気づかないうちに着信拒否をしている場合です。
0120‐966‐799の番号を拒否していないのか合わせて確認しておくことをおすすめします。

レバテックキャリアについてよくある質問?

レバテックキャリア よくある質問

レバテックキャリアについてよくある質問を紹介していきます。

  • レバテックキャリアは美人のアドバイザーが多い?
  • レバテックキャリアの利用料金は?
  • レバテックキャリアに年齢制限はある?

それぞれの質問についてせつめいをしていきます。

レバテックキャリアは美人のアドバイザーが多い?

人の見た目の判断基準は人によって、違いますのではっきりとした回答は難しいです。
キャリアアドバイザーは人と接する仕事なので身なりなどは整えている場合は多いでしょう。

しかし、アドバイザーが美人であるのかどうかは自身の転職活動には何も影響をしません。
まずは自分のキャリアや転職関係書類のクオリティを上げていくことに注力することのほうが大切です。

キャリアアドバイザーが美人であるかどうかは気にせずに転職活動を進めていくといいでしょう。

レバテックキャリアの利用料金は?

レバテックキャリアの登録料や利用料金はかかりません。

そのため、登録から、カウンセリング、求人の紹介から内定までのあいだすべて無料で利用ができます。退会するときも料金は発生しませんので、費用の心配する必要はありません。

ここまで質の高いアドバイザーときめ細かなサポートでこちらの料金が発生しないのは非常にお得なサービスであることは間違いないです。

転職活動のサポートが無料なら一旦はじめてみるのもいいでしょう。

レバテックキャリアに年齢制限はある?

レバテックキャリアに年齢制限はありません。

しかし、ハイクラスな人材や実務経験がある人を対象としていますので、20代などは対象外となってしまう可能性があります。

特に年齢制限の規定はないので、まずは登録をしてみないとわかりません。年齢が若い方でも登録をしてみると紹介してもらえることも十分あるのでまずは登録してみるといいでしょう。

もし、レバテックキャリアに登録できなかった場合はリクルートやDODAなどを利用するといいでしょう。

【まとめ】レバテックキャリアに断られた理由と対処方法を徹底解説!

レバテックキャリア 断られた まとめ

レバテックキャリアが断られた理由と対処法について解説をしました。
断られるには実績や年齢など現状で変えることが難しい要因などがからんでいます。

レバテックキャリア自体がハイクラスな人材を対象としているので、自分の年齢や実績をすぐに変えることは難しいです。

断られたからといって、何もできないわけではなく、ほかの転職サイトを利用するなど対処法などはいくらでもあります。

レバテックキャリアを断られてしまった人はリクルートやマイナビなどほかの転職サイトを利用することをおすすめします。