• ログインログイン
  • 新規登録新規登録

MENU

ITエンジニア志望者なら知っておくべきSQLの基礎知識

SQLとは何か

皆さんはSQLという言葉を聞いたことがありますか?

IPAが実施している基本情報技術者試験等の勉強をしたことがある方はご存知かもしれません。ITエンジニアなら必須の知識ともいえるSQLについて、初めての方でもわかるようにご説明します。

SQLという言葉を理解するためには、まずはデータベースというものを知っておく必要があります。データベースという言葉は普段の生活、例えばニュースやドラマ等でもよく耳にするのではないでしょうか。

一言でいうと「整理された情報の集まり」を指します。身近なものでいえば、スマートフォンの電話帳をイメージしてみましょう。

最近ではLINEなどのコミュニケーションアプリに取って代わられつつある電話帳ですが、まだまだプライベートで使用している方も多いと思います。

スマートフォンを購入した直後は、電話帳には何のデータも存在しません。その後、スマートフォンで連絡先を追加すると、電話帳に1つの連絡先データが登録されます。

この連絡先データですが、名前が間違っていれば修正したり、不要となれば削除することもあるでしょう。そして実際に電話をかける際に、たくさんデータが存在すれば、名前などで検索をかける必要があります。

この電話帳がデータベースであり、そのデータベースに対して登録・修正・削除・参照(検索)といった操作をする専用の言葉がSQLなのです。

SQLの重要性

では、なぜITエンジニアにとってSQLが重要なのでしょうか。これには2つのポイントがあります。

まず1つ目は多くのプロジェクトで使用されているためです。個人や零細企業の公式ホームページであれば、画像や固定のテキストのみを表示するサイトも少なくないでしょう。こういったサイトは動きがないため静的なサイトとも呼ばれますが、静的なサイトであればデータベースはほとんど使用しません。

ですが、IT企業が構築しているシステム・サービスは、様々な情報を登録したり、表示する必要があります。こういったものを動的なサイトといいますが、これらはたくさんの複雑なデータを取り扱うものが多いです。

例えば、Yahoo!であれば一日に何百という記事をデータとして登録し、トップページに表示していますし、スマホゲームなどでは、ログイン機能、各ユーザーのプレイデータ、イベントの情報などあらゆるデータを扱う必要があります。

このようにシステム・サービスとデータは、切っても切れない深い関係であり、そのデータを扱うSQLの知識はエンジニアにとって必要不可欠な知識なのです。

2つ目は、システム・サービスの性能に著しい影響を及ぼす可能性があるためです。企業が扱うデータベースには、時として数万〜数千万というデータが登録されていることがあります。そのデータはいくつもの箱に分かれており、システムが使いたい情報を取得するためには複雑なSQLを必要とするケースがあります。

このような複雑なSQLには注意が必要です。SQLの実行結果が全く同一であったとしても、SQLの内容によってはパフォーマンスに大きな差がでるケースがあるからです。

そのためエンジニアは常に効率的なSQLを書く意識を持っておく必要があるのです。

入社前に最低限知っておくべきこと

そんなに重要なもののであれば、入社前にSQLの勉強をしようと思う方も多いかもしれません。ですが、いざ勉強を行おうとした時、SQLの知識は広く深いため、入社前にどこまで知っておくべきか悩まれるでしょう。

ここまでSQLと一言でいってまとめてきましたが、詳細には「DDL」「DCL」「DML」という3つに分かれます。

「DDL」は「情報の箱」を操作するもので、箱自体を作る、変更する、削除することができます。

「DCL」は「情報の箱」に対して、誰が使用できるかなどの権限操作などができます。

そして「DML」は「情報の箱」に対して、データの登録、変更、削除、検索などを行うものです。

入社前に最低限知っておくべき知識としては、この「DML」の基本的な知識であるINSERT、SELECT、UPDATE、DELETEといった構文を身に付けておくと良いでしょう。

SQLの学び方

では、実際にどうすればSQLを学べるでしょうか。

少し遠回りだと思うかもしれませんが、最も良い方法は実際に手を動かしてSQLを書き、SQLを実行することです。

もちろん書籍などで知識を付けることも大事なのですが、最終的にはSQLを書いて慣れていく必要があると感じています。

データベースというソフトウェアは使用するために金銭の支払いが必要なものもあれば、無料で使用できるものもあります。たとえばMySQLというデータベースはビジネスの場でも非常によく使用されていますが、オープンソースソフトウェアでもあるため、無料で使用することができます。

MySQL:MySQL on Windows

ただし、データベースの実行環境を構築するということは、少しハードが高い作業でもあるため、ここで挫折してしまう方も少なくありません。

もう少し簡単にデータベースに触れるために、以下のサイトがおすすめです。

SQL Tutorial/ja – SQLZOO

残念ながら日本語対応が中途半端な状態となっていますが、直感的に操作できるためSQLの学習も捗るのではないでしょうか。

これからのSQL

SQLの重要性はこれまでにご紹介してきた通りですが、最近ではSQLを使用しない「NoSQL」と言われるソフトウェアも増えています。

厳密にいうと今回ご紹介したデータベースはリレーショナルデータベースと言われるものであり、あらかじめ「箱の形や性質」を定義する必要があるものでした。

NoSQLとはこういった「箱の形や性質」を定義する必要がなく非常に柔軟に扱えることと、パフォーマンスに優れているというポイントがあるため、パフォーマンスを必要とし、頻繁に箱を変更する必要があるシステムやサービスによく採用されています。皆さんがイメージしやすいものですと、スマホゲームなどがあります。

このNoSQLを扱う際に直接SQLを必要としないのですが、「SQLでこういうことをやりたい場合、NoSQLではどうすればよいか」という思考が必要となるため、最低限の知識は押さえておく必要があります。

また、現場でもリレーショナルデータベース自体が廃れているわけではなく、そのプロジェクトに求められるものを総合的に判断しリレーショナルデータベースまたはNoSQLを選択しています。

そのため、これから先の時代を生きるITエンジニアにとっても、SQLとは知っておくべき知識の1つだといえます。

【関連記事】
就職までに勉強しておきたいIT系知識とは
クラウドとは?就活生なら知っておきたいIT基礎知識
データベースエンジニアとは。仕事内容・年収・キャリアパス

IT業界を目指すならエージェントを活用しよう

エンジニア就活には、IT業界・SEに強いエージェントがいます。彼らに話を聞いてもらうことで、自分が何をやりたいのか、自分が大切にしているのが何なのか、就活するうえでの軸が見えてきます。さらに、各人に合った未公開の求人情報も紹介してもらえるので、まずは気軽に相談してみましょう。会員登録や相談・セミナーなど、すべて無料で活用できます。

お名前 (必須)

カタカナ (必須)

大学名(必須)

学部・学科名(必須)

卒年(必須)

電話番号(必須) ※連絡が取れる電話番号をご入力ください。

メールアドレス(必須)  ※連絡が取れるアドレスをご入力下さい。

2週間以内の平日都合の良い日時を選択してください。就活相談約1時間です。

予約第一希望日(必須)

第一希望日時刻(必須)

予約第二希望日(必須)

第二希望日時刻(必須)

予約第三希望日(必須)

第三希望日時刻(必須)

利用規約および個人情報の取扱いに関する通知文に同意する

※就活相談の実施場所は、下記住所になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シンクトワイス株式会社 エンジニア就活事務局
東京都港区赤坂4-8-14赤坂坂東ビル5階
TEL:03-6825-5450より個別面談のご案内を差し上げる場合がありますのでご認識をお願いします。
mail:e-shukatsu@thinktwice.co.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オススメ記事一覧

もっと見る
完全無料!

1で登録完了!

エンジニアの仕事・年収や選考ノウハウ記事が読めるほか、
会員にはプログラミング講習やES・面接対策などリアルな無料サポートも充実。
ここだけの求人情報も多数。

今すぐ新規会員登録
Page Top