• ログインログイン
  • 新規登録新規登録

MENU

有名IT企業内定には対策必須!適性検査CAB・玉手箱の対策と出題企業

企業の多くは、テスト会社が作成・販売している採用テストを導入しています。日本で最もシェアの高いといわれている「SPI」がその一つです。採用テスト対策といえばSPIの対策をすることだと思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、実際に企業が実施するのはSPIとは限りません。

特にIT系の企業では「CAB、GAB、Web-CAB、玉手箱」等の
テストが導入されていることも多くあります。テストの種類が違えば問題傾向は全く異なるので、対策は必須です。そこで、今回はSPI以外の適性検査の中からIT系企業にて使用率の高いテストの特徴と対策、実際の問題例や使用企業などを合わせて解説していきます。

採用テストは応募者の適性を客観的に測るツール

企業が採用を行う上で重視しているのは、募集している職種や自社の風土に応募者の能力や性格が適しているか、という部分です。この適性を客観的な視点から測るためのツールが採用テストです。企業の採用テストの選択にもその企業の選考方針が表れています。

どのテストも基本は「能力検査」と「性格検査」に分かれる

採用テストは大きく2つ、能力検査と性格検査に分かれます。能力検査はいわゆる国語や数学(算数)のテストが多く、性格検査は質問文に対して「はい」「いいえ」などの回答を選択する形式であることが多くなっています。

性格検査では選択肢に応じて性格傾向が判断され、回答の確からしさについても判断する項目が組み込まれているため、基本的にテクニックを用いて対策する類のものではありません。採用テストにおける対策、とは能力検査に対して問題傾向などを掴んだ上で演習を重ねることを指します。

IT企業への就職を目指すならSHL社のテストについておさえておこう

肝心の、IT企業や有名企業を目指すためにどの採用テストの対策をすれば良いか、という部分ですが、結論から言うと、SPIの他に日本エス・エイチ・エル社(SHL社)のテスト群について知っておく必要があります。

具体的にはC-GAB、Web-CAB、CAB、GABなどの種類があり、特にWeb-CABやCABは情報処理・システム業界を中心にコンピュータ職の採用に幅広く採用されています。エンジニアを目指していく上で特に注意しておかなければならないテストだと言えるでしょう。

SHL社の代表的な採用テスト名称

【WEBテスト系】
・玉手箱
自宅受験型WEBテストの中でシェアNo.1の総合職適性テスト
・C-GAB
玉手箱のテストセンター形式
・Web-CAB
SEやプログラマなどコンピュータ職の適性を診断するテスト。「法則性」「命令表」など他の適性検査とは違った独特の問題が出題される

【ペーパーテスト】
・CAB
コンピュータ職の適性を診断するテスト。Web-CABと問題のタイプは同じ
・GAB
総合適性テスト。玉手箱の元になっており問題のタイプが似ている。
・IMAGES
基本的な能力をより短い時間で測定するテスト。玉手箱の元になっており問題のタイプが似ている。

この他にも共通の性格テストとしてOPQが存在します。特に抑えておかなければならないのは、上記の分類を見ていただいてわかる通り、CABタイプの問題です。
また、全体的な特徴として、中学高校までの学習内容と大きく異なる内容が出題されるため、事前の対策は必須です。

SHL社のテストを採用している企業

具体的にSHL社のテスト(CAB・GAB・玉手箱等)を採用している企業は以下の通りです。なお、データは2019年卒の方より提供いただいたもので、2020年卒以降の選考においてテストの種類が変わっている可能性もあります。あくまで参考程度にお願いします。

(SPIではなくSHL社のテスト導入実績のある企業例)
・富士通総研
・富士通アドバンスエンジニアリング
・プロトコーポレーション
・日立公共システム
・日立ソリューションズ・クリエイト
・パナソニックESシステムソフトウェア
・日本IBM
・NTTコミュニケーションズ
・NTTデータシステム技術
・カプコン
・構造計画研究所
・テクマトリックス
・トランスコスモス
・京セラコミュニケーションシステム
・アマゾンジャパン
・インフォコム
他多数

情報処理・システム系の会社に絞ってもかなりの企業が該当します。特にエンジニア職の採用を行っている企業におけるCAB、玉手箱の導入が目立ちます。

筆記試験といえばSPI対策がその代名詞ですが、上記のような人気企業を目指す上で、CAB対策、玉手箱対策も重要となってきます。CABとGAB、CABと玉手箱など、同じSHL社のテスト同士はある程度出題の傾向が似通っていますが、作成会社の異なるSPIは全くといっていいほど内容が異なるのです。

採用テストWeb-CABの問題形式と各問題の対策

では具体的にテストの内容とその対策方法について解説していきます。

【Web-CABの問題構成】
(能力検査)
四則逆算 50問 9分
法則性 30問 12分
命令表 36問 15分
暗号 30問 16分

Web-CABのポイントは電卓が使用可能である点です。逆説的にですが、四則逆算では電卓必須の計算量が出題されていると思ってください。計算の難易度はそれほど高くありませんが、とにかく制限時間との戦いになります。1問あたりに使える時間は約10秒と極端に短いのが特徴です。

これは解けるか解けないかを見るテストではなく、電卓を使いこなして素早く、要領よく問題を解く力を見るテストであるがゆえの出題傾向となっています。

四則逆算の問題形式と対策・例題

ここで、CABテストの中でも特長的な四則逆算の問題を一つ見てみましょう。

【例題】□に入る数値として正しいものを、選択肢の中から1つ選びなさい
(1)
2.4÷4=□×7-5
・1/4 ・4/5 ・7/10 ・3/5 ・5/8

(2)
7×□+3×□=45(□には同じ値が入る)
・5 ・3.5 ・0.45 ・4 ・4.5

上述の通り問題の難易度そのものはそこまで高くないことをお分かりいただけたと思います。ただし、四則逆算のパートではこれが数十問という単位で出題され、1問あたりかけられる時間は約10秒が限界です。

電卓が手元にあっても、計算の処理方法に素早く気がつくことが出来なければあっという間に時間は過ぎ去ってしまうでしょう。効率良く方程式を解くため、問題を何度か解いておく必要があります。

なお、この四則逆算は玉手箱でも同様の出題形式があります。

(例1の答え) 4/5
(例2の答え) 4.5

法則性・命令表・暗号の問題形式と対策

四則逆算以降は図形の読み取り問題が続きます。それぞれの特徴を簡単に記しておくと、
【法則性】
・5つ横に並んだ図形群から法則性を読み取って、空欄にあてはまる図形を選択肢から選ぶ
・法則性は順番に適用されるので、空欄を除いてたくさん図形がある側から見ると法則性を見つけやすい。

【命令表】
・10種類の命令記号に沿って、図形を順番に変化させていく
・次の図形を消す、前のものと入れ替える、上下左右を反転させる、などバラエティに富んだ命令があるが、「次の命令を取り消す」命令に注目して解いていくと早い

【暗号】
・元の図形と変化後の図形が暗号で結ばれており、この暗号がどのような内容の命令なのかを解読していく。命令表の命令内容を逆に解き明かしていくパターン。
・複数の図形に「共通の変化」と「共通の暗号」を見つけ、そこを起点に解読していくと良い。また、通過する暗号が少ない部分から解読するとやりやすい。

これらの図表問題に共通するのは、中学高校で習ってきた数学よりもパズルのような要素が強く、対策ができていない段階での得意不得意がはっきりとわかれてしまうことです。四則逆算に続き、それほど各問題にかけられる時間が多いわけではありません。特に就活生に多いのが、志望度の高い企業の採用テストがCAB系統であることに気がつかず、テストを受ける段階で初めてこの問題形式に触れて混乱してしまうというパターンです。

図表問題は、四則逆算以上に本番の前に問題形式に触れておくことが重要になります。勘違いされやすいのですが、パズルのような問題だからといって、ひらめきのような特別な才覚を必要とする問題ではありません。むしろ、法則性を見出し看破するという問題の特性上、日ごろからの論理的思考力、構造把握力が大きく試されます。

採用ペーパーテストCABの問題形式と各問題の対策

エンジニア職を目指す上でもう一つ外せない、ペーパーテストのCABについても問題形式を確認しておきましょう。

【CABの問題構成】
(能力検査)
暗算 50問 10分
法則性 40問 15分
命令表 50問 20分
暗号 39問 20分

Web-CABと比較して、「四則逆算」が「暗算」に変更されています。その他の問題形式はWeb-CABと変わらず、問題数や制限時間がペーパーテストという形式に合わせて変更されています。また、Web-CABは電卓必須でしたが、ペーパーテストのCABは電卓使用不可となります。全体的な難易度はWeb-CABよりも低めだと感じる方も多いのではないでしょうか。いずれにせよ制限時間との戦いである点は変わりません。暗算パートで1問あたりに使える時間は引き続き約10秒と短いままです。

電卓を使いこなして、という前提は抜けたものの、素早く、要領よく問題を解く力を見るテストであることは共通しています。

暗算の問題形式と対策・例題

実際の問題レベルはWeb-CABと比較してどれほど異なるのでしょうか。
こちらも例題で確認してみましょう。

【例題】以下の計算問題を暗算で解き、正しい答えを選択肢の中から1つ選びなさい。詳しい計算は求めません。できるだけ早く答えを推測してください。
(1)
27の1/4
・6.75 ・5.25 ・13.5 ・2.75 ・10.25

(2)
63×41
・258 ・24083 ・2183 ・2583 ・248

問題文の表記中に「詳しい計算は求めません。できるだけ早く答えを推測してください」という一文があることからもこの問題群の主旨が読み取れます。単なる四則演算ではありますが、端的に言うと、筆算等で愚直に計算することはあまり求められていないということです。WEBテスト版と同様、これが数十問という単位で出題され、1問あたりかけられる時間は約10秒が限界です。

例えば例題1の考え方として、問題を見た瞬間に以下のような発想はできたでしょうか。
① 27の1/4ということで27÷4と読み替える。
② 27÷4=6(あまり3)
③ 6より大きく7より小さい数が正解

選択肢には該当するものが一つしかなく、これで正解を導けます。

例題2も同様に考えてみましょう。まだ解いていないという方はもう一度例題を見て10秒以内に答えを選択できるか試してみてください。

① 63×41はおおよそ60×40と答えが近くなるはず
② 60×40=2400
③ 2400よりも少し大きい数が正解

こちらも同様に選択肢には該当するものが一つしかありません。

(例1の答え) 6.75
(例2の答え) 2583

受験の有無は人によって違いますが、センター試験を受験して大学に入学した方は、この選択肢を絞り込んでいく過程がセンター試験と似ていることに気がついたでしょうか。効率よく、素早く回答を導く上で、選択肢の並びから判断するというのは重要なテクニックなので覚えておきましょう。

ここではすべてを紹介できませんでしたが、暗算を素早くおこなうテクニックとして「おおよその数で計算して近い答えを絞り込む」というものをつかえば多くの暗算問題に対処できます。

採用テスト玉手箱の問題形式と各問題の対策

CAB系のテストは計数能力に特化したテストでしたが、同様にシェアの高い玉手箱という形式では計数以外の科目も存在します。

【玉手箱の問題構成】
(言語)
論理的読解 32問 15分
趣旨判定 32問 10分
趣旨把握 10問 12分

(計数)
四則逆算 39問 20分
図表の読み取り 29問 15分
表の空欄の推測 20問 20分

(英語)
論理的読解 24問 10分
長文読解 24問 10分
※制限時間と問題数は一例で、複数パターン存在する形式もある

玉手箱の能力テストはここに書いてある全ての項目を受験するわけではありません。3種類の言語、計数、2種類の英語から、企業ごとに異なる組合せで実施されます。つまり玉手箱を導入している企業の場合、玉手箱というだけではなく、志望する企業が過去にどんな組み合わせで実施しているかも調べて対策を行うのが最も効率的です。

もしどうしても情報不足で形式が絞り込めない場合は、実施数の比較的多い「論理的読解(言語)」、「図表の読み取り(計数)」から始めると良いと思います。

また、計数科目はWeb-CABと同じく電卓が必須です。

玉手箱特有の問題形式と対策

元になったテストが同じため、計数問題に関してはWeb-CABやペーパーテストのCABと同様の問題も多くあります。ここでは、玉手箱特有の問題について特徴を整理しておきましょう。

【論理的読解(言語)】
・日本語の長文を読んで設問分の論理的な正誤を判断していく
・自身に前提知識のあるような内容であっても、「設問分が論理的に正しい根拠が本文にあるか」どうかで判断する。そうでない場合は不正解となる。

【趣旨判定(言語)】
・こちらも長文を読んで、設問文が本文の趣旨に合致しているかを判断する
・就職活動や面接を題材にした文章が多いという特徴がある

【主旨把握(言語)】
・長文を読み選択肢から趣旨を一つ選ぶシンプルな問題
・前二つの問題形式に比べて文章量がやや多いため、素早く全体像をつかむ練習が必要。

【図表の読み取り(計数)】
・図表を読み取って計算する。この場合の図表とは多くが統計資料。
・制限時間に対して計算しなければならない量が多く、電卓の使いどころである。

【表の空欄の推測(計数)】
・表内の数値から法則性を読み取り、空欄に入る数値を推測する
・一の位がゼロだったり、等間隔で増加(減少)している項目だったり、法則性を見つけやすいキリの良い数値をうまく使っていく。

【論理的読解(英語)】
・言語問題における論理的読解と全く同じ構成。選択肢の選び方も同じ。
・本文だけではなく、設問文も含めた指示が全て英語。

【長文読解(英語)】
・英語の長文を読んで、英語の設問文に対する答えを選んでいく。
・一般的な長文読解問題とほとんど変わらない。こちらも設問文は全て英語。

どれも極端に難しい問題が出題されるわけではありませんが、制限時間と合わせて考えると、納得のいく回答を一度で出すのは難しいです。これは仕事の進め方と全く一緒で、わからない問題で立ち止まってしまうと全体の計画が崩れてしまうため、全体像を見据えた上で取捨選択が必要となる場面もあるということです。

各問題にどの程度時間をかけることができるかをあらかじめ見積もっておき、大幅にそれを超えそうな場合は何かの選択肢を選び次に進むという方法も本番では必要になってきます。

採用テスト全般の対策は「事前に何度か解いておく」につきる

有名IT企業をはじめ、様々な企業で導入されているSHL社のテスト。繰り返しになってしまいますが、ここまで問題形式を見てきてわかる通り、SPIとの最大の違いは「学校で習った問題形式をそのまま当てはめることができない問題が多い」ということです。勿論、推理問題も出題されるものの、SPIの非言語問題には小学校の算数で扱った文章題のような問題も多く、ある程度知識をベースとして解答することが可能です。

一方、CAB系のテストでは純粋な計数能力や要領の良さを確認されており、その問題形式上、多少一問一答形式の問題に自信がある人でも一筋縄ではいかないことでしょう。

各問題形式の解説の中で「あらかじめ問題を何度か解いておく」という表現を使ってきましたが、実はこれがどのテスト形式においても対策の最適解なのです。理由を説明していきます。

高校受験・大学受験と比較して狭い出題範囲

就活における採用テストは横断的な能力を測られるため、一見すると試験範囲が広いように思えますが、実は作問のパターンはそれほど多くなく、例えば多くの出版社から発行されている採用テストの対策本を丸一冊やりきると、数値がほとんど同じ問題にあたる確率はグッとあがります。いわゆる高校受験や大学受験と比較しても、利用する知識はそれほど高度ではなく、計数問題で義務教育の範囲を出る計算はほとんど皆無です。

また、論理的思考力等は訓練できちんと伸ばすことができます。これを試されるということは、すなわち採用テスト自体が「過去、学校の成績における出来不出来は関係なく、事前の対策を怠らなければほぼ確実に基準得点をクリアできる」という仕組みになっているのです。

よってCABに限らず、すべての採用テストは事前の対策が鍵となります。出版社ごとに対策本の内容はそれほど大きな差があるわけではないので、読みやすいデザインのものを一冊購入し、それを最低一周分解いておくことで飛躍的に解くことの出来る問題数が増えるはずです。

まとめ

今回は人によってはSPIよりも難易度が高いと感じることも多いSHL社提供のテストについてまとめました。エンジニアとしての就職を目指す場合Web-CABや玉手箱との遭遇率は非常に高いと予測できます。必ず、企業の選考で受けるタイミングが最初の受験タイミングとならないように、事前の対策をしっかり行っておきましょう。

IT専門の就活エージェントに相談しよう

エンジニア就活には、IT業界・SEに強いエージェントがいます。彼らに話を聞いてもらうことで、自分が何をやりたいのか、自分が大切にしているのが何なのか、就活するうえでの軸が見えてきます。さらに、各人に合った未公開の求人情報も紹介してもらえるので、まずは気軽に相談してみましょう。会員登録や相談・セミナーなど、すべて無料で活用できます。

お名前 (必須)

カタカナ (必須)

大学名(必須)

学部・学科名(必須)

卒年(必須)

電話番号(必須) ※連絡が取れる電話番号をご入力ください。

メールアドレス(必須)  ※連絡が取れるアドレスをご入力下さい。

2週間以内の平日都合の良い日時を選択してください。就活相談約1時間です。

予約第一希望日(必須)

第一希望日時刻(必須)

予約第二希望日(必須)

第二希望日時刻(必須)

予約第三希望日(必須)

第三希望日時刻(必須)

利用規約および個人情報の取扱いに関する通知文に同意する

※就活相談の実施場所は、下記住所になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シンクトワイス株式会社 エンジニア就活事務局
東京都港区赤坂4-8-14赤坂坂東ビル5階
TEL:03-6825-5450より個別面談のご案内を差し上げる場合がありますのでご認識をお願いします。
mail:e-shukatsu@thinktwice.co.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オススメ記事一覧

もっと見る
完全無料!

1で登録完了!

エンジニアの仕事・年収や選考ノウハウ記事が読めるほか、
会員にはプログラミング講習やES・面接対策などリアルな無料サポートも充実。
ここだけの求人情報も多数。

今すぐ新規会員登録
Page Top